HOME>ホットトピックス>検査をどこで受けたら良いのか考える前に知っておきたいこと

乗用車には安全走行の義務がある

男性作業員

車検とは、自動車検査登録制度の略語で、一般的には継続検査とも言われています。横浜市内などの公道を走行する排気量が250cc以上のバイクを含める乗り物には、一定期間ごとの検査が必要になります。この車検は、運輸支局の検査場で行われるのが一般的ですが、運輸支局から認定された工場を持つディーラーや修理工場、カー用品店やガソリンスタンドなどでは、自社での車検検査が可能となっています。車検の有効期間は、新車購入時においては3年後、その後は2年ごとの検査を受けることになります。少し前までは10年間を過ぎた車に対しては1年ごとの検査が必要でしたが、現在では2年間有効となっています。

検査に必要なものと費用の違い

横浜で車検を受ける場合多くの場合本人が実施することは少なく、代理でお願いする形になりディーラーや修理工場が行うことになります。その時にはこれら代理人から、車検証や自賠責保険の確認がされる上に、納税証明書と認印が必要になって来ます。納税証明書は、毎年4月1日に決定する納付証明書となりますが、車検月が4月の場合には検査を受ける月が3月になる場合が多く、前年の納税証明書が必要になって来ます。車検を受ける時、その費用で悩む人も多いと思われますが、法定費用はどこで受けても同じ費用になります。費用に違いが出て来るのは、部品交換費用や点検料と言うことになると知ってから、車検工場を決めることが良いと思われます。